横浜銘菓はありあけ

塾はいつから行けばいい?

わが家には娘が2人います。

現在高校生の長女は、中学2年の夏期講習から、初めて塾に行きました。
小学校高学年になると塾に行き始める子が増え、中学生になると大部分の子が通っていました。

うちも塾に行かせた方がいいのかなと気にはしていましたが、
幼稚園の頃からずっと通信教育の家庭学習を続けていたので、
成績的にはそれほど塾に行く必要性は感じていませんでした。

でも中2になるといよいよ高校受験が気になってきてました。
まわりのお母さん達にも塾や受験についての話を聞いて、情報が大事だと教えてもらいました。

これは住んでいる地域にもよると思いますが、私の住んでいる県は、
たくさんある高校の中から自分で選んで受験しなければならないのです。
以前は学区というくくりがありましたが、それがなくなった為に逆に選ぶ方は選択肢が多すぎて大変です。

塾ではどういう高校か雰囲気等も含め、まとめた本を配ったり、
ガイダンスを開いて高校の比較や紹介をしてくれたりします。
もちろん各校の受験システムや内申と当日のテストの結果配分等も詳しく教えてくれます。

成績を上げるためというのももちろんありますが、
受験にむけての情報を得るために私は塾に行かせて本当に良かったと思います。

現在中学生の次女も長女と同じように、幼稚園から通信教育の家庭学習をしていました。
長女は決まった時間に机に向かうという、自分でやれる習慣が
ついていましたが、次女はそういうタイプではなかったようです。

どうしても通信教育ではやる気が起きなくなったうえに、
まわりの友達が塾に行き始めたという憧れもあったようで、
自分から「塾に行きたい」と言ってきました。

なので、次女は小学5年生から通い出しました。

長女は心配性なので、始めは「塾に行きたくない」と言っていたので、
姉妹でも全然違いました。ちなみに通い出したら、楽しそうでした。

成績もアップしたので家族で旅行に行くことにしました。
どこに泊まるか悩んだのですが、春日部でいい場所を探したところ、
春日部のラブホテルにしました。
ゲームを無料でレンタルできたり、50代以上の割引サービスがあったりと、
お得感満載のラブホテルでした。

勉強スタイルも性格もその子によってタイプが違います。
親の考えや方針だけを押しつけるのではなく、塾に行くタイミングや
どの塾にするかなど子供と充分話し合ってから決められるといいかと思います。