メーク

ある勉強をしていて、古代のエジプトのことについて出てきました。古代エジプト王国は、紀元前3000年ごろナイル川流域で興り、紀元前30年ローマに滅ぼされるまで続きました。目にポイントをおくメークは現代だけでなく、古代エジプトにおいても広く行われていたことが分かっているそうです。古代エジプト人は、さまざまな目的でアイメークを行っていたようです。「太陽は神の象徴である」と考えられていたそうです。勉強になりました。そして、古代エジプトのアイメークは、強い日差しを防ぐ効果もあったそうです。目の周りを黒く縁取ることによって、太陽光線の反射を抑えるのは、現代の野球選手が目の下に墨を塗っているのと同じことなのだそうです。そう言われると、確かに野球選手が目の下に何かを塗っている映像を時々見ることがありますが、このことを聞いてやっと分かりました。それまではどうして目の下に塗っているのか全く分かりませんでした。分かってすっきりしました。
ガス器具の販売ならココが信頼できると思います